IFRSで会計と英語を同時に勉強してみるシリーズ IFRS15-1

  • 以前記載したとおり、時代が求めるサービスを模索するため、また自分の勉強のため、このブログを使い、会計と英語を同時に勉強してみることにします。
  • IFRSは10年後、20年後には日本でもスタンダードになっているだろうことから、こちらを使用します。ただ、やみくもに全文翻訳をやると大変過ぎなので、基準書の太字部分(重要箇所)を中心に検討していきます。
  • まずは話題になっているIFRS15を使います。ソースはeIFRSです(著作権の問題がありそうなので、あくまで部分的に紹介)。
  • 読者の方は、まず基準書で以下の部分が太字になっていることをご確認いただければと思います。ただし、あくまで基準の記載内容の翻訳を通じて英語学習することが目的ですので、翻訳含む各種記載については単なる個人の見解となります。
  • また主として英語速読・語彙力upの教材としてIFRSを、と考えていますので、逐一和訳は記載しませんし、文法も必要に応じてのみ記載します。ただしキーとなる用語は和訳を残します。
  • 英語的なコメントは赤字で、会計的なコメントは青字で記載します。

Objective

1  The objective of this Standard is to establish the principles(原則) that an entity shall apply to report useful information to users of financial statements about the nature, amount, timing and uncertainty(不確実性) of revenue and cash flows arising from a contract with a customer.

Identifying the contract

9   An entity shall account for a contract with a customer that is within the scope of this Standard only when all of the following criteria are met:

※shall:(契約書などにおいて義務として)~しなければならない、~するものとする

account for:会計処理する

※only when~:~する場合にのみ

(a)   the parties(当事者) to the contract have approved the contract (in writing, orally or in accordance with other customary business practices) and are committed to perform their respective(それぞれの) obligations;

in accordance with:~に従って(契約などの場合によく使用される決まり文句)

(b)  the entity can identify each party’s rights regarding the goods or services to be transferred;

regarding:~に関して、~について、~の点で(文書等でよく使う前置詞)

(c)  the entity can identify the payment terms for the goods or services to be transferred;

payment terms:支払条件

(d)  the contract has commercial substance (ie the risk, timing or amount of the entity’s future cash flows is expected to change as a result of the contract); and

commercial substance:経済的な実質・実体

(e)    it is probable that the entity will collect the consideration to which it will be entitled in exchange for the goods or services that will be transferred to the customer.

it is probable that:that以下の可能性が高い(probableは70%~80%くらいの感触)

consideration:対価、報酬

to which~:~の部分がconsiderationを説明。

In evaluating whether collectability(回収可能性) of an amount of consideration is probable, an entity shall consider only the customer’s ability and intention to pay that amount of consideration when it is due.

顧客の支払にかかる能力と意図のみを考慮するということは、それ以外の、たとえば馴れ合い的要素や経済的に根拠のない憶測などは、回収可能性にあたって当然に考慮できないということですな。

The amount of consideration to which the entity will be entitled may be less than the price stated in the contract if the consideration is variable because the entity may offer the customer a price concession (see paragraph 52).

variable:変わりやすい、可変の

concession :譲歩、許容→ここでは値引などを想定していると思われる

長ーい基準なので、今日はここまで。続きはまたマイペースでupします。