東芝、決算報告再延期を財務局に申請 14日開示は見送り=関係筋

  • 2017年3月13日
  • 2017年3月14日
  • 会計

東芝<6502.T>は、14日に予定していた2016年4―12月期決算の開示を再延期する。監査法人との調整が難航しており、関東財務局に決算報告の期日延長を申請した。複数の関係筋が明らかにした。

真偽はわかりませんが、かなり大変なことになってきていますね。

やむを得ない理由により有報等を提出期限内に提出できない場合には、提出期限の延長に係る承認申請を行うことができます(開示府令第15条の2第1項、第2項)。 

そのやむを得ない理由の中に、連結財務諸表等に虚偽表示の疑義が発見され、監査人がその内容を確認する必要があること(公表している場合に限る。)、があります。

一度延期をした場合、延期後の期限から8日後に提出する必要がありますが、それができないから再延期を申請しているものと理解しています。

再延長は果たして可能なのでしょうか…。

何にしても、東芝の社員の方と、監査法人の皆さんは相当のプレッシャーの中業務をこなしているものと推測されます。同じ業界にいる者として、かなりのハードワークになっているものだと推測してます。

本決算も近づいていますので、身体など壊さぬよう微力ながらお祈りしています。
<script src=”//adm.shinobi.jp/s/e5b7b370c090452b24ca5d2a85a8e4a0″></script>