三菱食品子会社の元執行役員、10億円着服 請求書偽造

食品卸大手の三菱食品は21日、子会社の「ファインライフ」の元執行役員の男性が、約11年間で約10億円を着服していたと発表した。三菱食品の社内調査に対し、男性は着服を認めているという。近く男性を警視庁に告訴するという。
偽造による着服ですか。。

偽造してしまうと、確かに発見は困難ですね。あと、執行役員という立場は、確かに利用するに十分な地位ですね。

通常執行役員など上席には日々のオペレーション権限は与えないようにしますが、規模の小さな会社ではそうとも限りません。

それにしても10億という数字はすごい。支払口座も適当なものをでっち上げる必要があると思いますが、それすらも執行役員ができてしまうということなのでしょうかね。

こういう話は、もはや倫理的な教育というか、本人のモラルに委ねられます。不正の動機と機会はあっても、モラルによって正当化しない心を持つしかありません。

内部統制はそのような個々人のモラルの持ちようの限界を補強する効果はありますが、本質的な問題は本人自身にあると思います。会社との信頼関係というか、会社が従業員を大切にしていたら、従業員が自分は会社から愛されていると自覚していれば、モラルも保てる気がします。

ちなみに発覚経緯は税務調査だそうで、調査官の方はお手柄でした。