IFRS開示事例研究会-第11回

  • 2017年7月8日
  • 2017年7月11日
  • 会計

今回はセグメントの+αです。

IASBがIFRS第8号「事業セグメント」の改善案について公開協議

→17年7月31日までコメント募集しています。

ASBJによれば、以下の修正が検討されています。

1.2つの事業セグメントを集約する前に満たさなければならない要件を明確化し強調する。

2.最高経営意思決定者の機能を遂行する個人又は集団の役職及び役割を開示するよう会社に要求する。

3.財務諸表におけるセグメントが年次報告書及び付属資料の他の場所で報告されているセグメントと異なる場合には、情報を財務諸表注記において適用するよう会社に要求する。

1.と3.はわかるけど、2.は必要か!?

最高意思決定者というのは会社の中の機能にすぎない話であって、マネジメントアプローチによって作成されたセグ情報を投資家が理解出来るかが大事と考えれば、最高意思決定者が何者だろうが、それを開示してもあまり有益で無いような気がする・・・というのが直感的な感想です。

このあたりの疑問を持ちながら基準案を読みたいと思います・・・。