MONTH

2019年2月

(JICPA)解説動画「公認会計士のキャリア形成」

JICPAは、公認会計士資格取得後のキャリア形成に関する解説動画を公開しました。 見ました。 嘘は言っていませんね! 最初に監査法人に必ずしも行く必要はないですけど、 監査を知っているからこそ効く応用というのは、確かにあります。   なんだかんだで、資格を持っていると、何かとチャレンジの幅が多いです。 「潰しがきく」というのも、現状では嘘ではないと思います。 資格の存在意義が薄くなってき […]

(IFRS)無形資産 広告宣伝費

  IFRSの無形資産の論点において、注意を要するものがあります。 開発費ではありません。 顧客関連資産ではありません。 それは、広告宣伝費です。 基準書から参照していきます(一部を抜粋)。 IAS38.69 将来の経済的便益を提供する支出が企業に発生したが、認識できるような無形資産又はその他の資産の取得や創出がないことがある。財の供給の場合には、企業は、このような支出を、それらの財にア […]

EY新日本有限責任監査法人が新拠点開設で新潟県庁を訪問

EY新日本有限責任監査法人(東京都千代田区)の辻幸一理事長は20日、今年4月に「新潟デリバリーサービスセンター」(新潟市中央区)を開設することから新潟県庁を訪問し、新潟県の花角英世知事と新潟市の中原八一市長に、開設報告と今後の抱負を語った。デリバリーセンターは、新潟県が新潟市とともに誘致を進めてきた。同法人が地方でセンター立ち上げるのは初という。 にいがた経済新聞より。 データをインプットする業務 […]

新収益認識基準 営業部等社内での説明

税務研究会のニュースより、新収益認識基準の営業など社内説明資料のツールの提供を受けられるとの知らせが。 民法改正とあわせて、契約書の見直しは確かに何らかの形では必要になるかと思います。

【有価証券報告書 注記の訂正事例でわかる作成/記載要領】関係会社株式の連結BS担保資産注記

当ブログの【有価証券報告書 注記の訂正事例でわかる作成/記載要領】シリーズでは、 実際の訂正報告書の事例をもとに、その内容と発生原因をできるだけ具体的に研究し、ご紹介しています。 その特徴は以下の通りです。 ◆読者が得られる成果: 読者は実際のリアルな訂正事例をもとにリスクの高い領域の作成要領・記載要領・作成方法について効率的に学習できます。その結果、有報の作成・監査の精度を高め、訂正報告書発生の […]

【有価証券報告書 注記の訂正事例でわかる作成/記載要領】非支配持分の所有者に付与している売建プット・オプションに係る金融負債

当ブログの【有価証券報告書 注記の訂正事例でわかる作成/記載要領】シリーズでは、 実際の訂正報告書の事例をもとに、その内容と発生原因をできるだけ具体的に研究し、ご紹介しています。 その特徴は以下の通りです。 ◆読者が得られる成果: 読者は実際のリアルな訂正事例をもとにリスクの高い領域の作成要領・記載要領・作成方法について効率的に学習できます。その結果、有報の作成・監査の精度を高め、訂正報告書発生の […]

ネット口座から不正送金

銀行のインターネット口座に不正アクセスし、別口座に送金された現金33万円を引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは15日までに、中国籍の大学生=東京都品川区大井=を不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕した。 日経新聞より。 さらっと読んでしまいましたが、実はとても怖い事件ですね。 盗んでしまえば、元も子もありません。 我々はこれから更にデジタル社会に突入していくわけですが、セキュリティの […]

海外子会社のIFRS16適用

ついにIFRS16の適用年度となる2019年が到来した。残された期間がわずかな中、作業が山場を迎える企業も多いことだろう。だが、たとえ対応作業を完了しても次の課題が待ち受けている。それが、海外子会社も含めた会計処理のIFRS16への統一だ。 ITメディアビジネスより。 物凄い、プロシップ情報が満載のサイト。 でも、流石大手ですね。 IFRS16対応システムとしては、ここが最もメジャーではないでしょ […]

8000万円超横領か

静岡県浜松市の北沢尚美容疑者(71)ら2人は2014年6月から7月にかけ、当時、勤めていた楽器関連会社の口座から4800万円余りを横領した疑いが持たれています。警察によりますと、北沢容疑者は当時、この会社の浜松支店の経理担当で、本社で経理をしていた男に指示して入金させ、私的な投資の運用資金に充てていたということです。 テレ朝ニュースより。 手口や詳細など、全くもって不明ですが、今日もどこかで不正が […]

「鷹の爪」制作会社 監視委、1億3千万円課徴金勧告

証券取引等監視委員会は13日、アニメ「秘密結社 鷹の爪」を制作する東証1部上場の「ディー・エル・イー」(東京都千代田区)が、架空取引などで売り上げを過大に計上し決算を粉飾したとして、金融商品取引法に基づき同社に課徴金1億3540万円を納付させるよう金融庁に勧告した。 産経新聞ニュースより。 以前の記事の続きになります。 重い処分ですね。 たかが会計、されど会計。 たかが経理、されど経理。 経理は伝 […]